ライスチラシ@ライスフォースお試し窓口はコチラ!

手放せない私のスキンケア ライスフォース

初めてライスフォースを知ったのは藤原紀香さんの著書紀香バディ!で見たときでした。
芸能人の人が使うスキンケア用品だからさぞかし高いんだろうなぁ…と思いながら
インターネットサイトで値段を調べてみるとちょっと高いかなと感じる位の
私にも買える価格であったことに親近感を覚えトライアルキットをその場ですぐに注文したのがきっかけです。

届いたライスフォースのトライアルキットは10日分となっていましたが
それ以上使えそうな大容量でこれまたびっくり。
早速届いたその日の夜から使い始めたのですが…
手でパッティングをしながらつけたディープモイスチュアローションが今まで使っていたローションと違って
ぐんぐんと肌に浸透していくので嬉しくなって初日は多めにつけてしまいました。
そのおかげか翌朝の肌がいつもよりも白く透明感が出ていました。
使った翌日には効果を実感することができたので、即その日に現品購入してしまいました。

トライアルキットではディープモイスチュアローションと
ディープモイスチュアエッセンスとディープモイスチュアクリームの3種類を使用してとてもよかったので
もちろんその3種類は購入し、それプラス、マイルドフェイスウォッシュとメイクアップリムーバーも購入し
すべてライスフォースでお手入れができるようにしてみました。

ライスフォースにスキンケア用品をすべて変えてから肌の調子がとてもよく
肌の内側から潤っている感じがとってもするので毎日のメイクも楽しくなりました。
おかげで肌が綺麗ですねと今まで言われたことが無いような褒め言葉をいただくことも増えて
自分の肌に自信がもてるようになりました。

一番うれしかったことは、頬にでき始めていたシミがとても薄くなってきたことです。
シミにはビタミンCが効果的なイメージがあったのですが潤うことも効果があるのだなぁと思いました。
肌が内側から潤うことで毛穴のたるみなどが改善されて顔全体が明るくなったのも
ライスフォースのおかげです。

もう絶対に他のスキンケア用品には浮気ができない私の大本命です。
2013-11-05 00:00 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライスフォース使っていました

ライスフォース、以前使っていました。
ライスパワー、お米の保湿力に惹かれて2年ほど使っていました。
きっかけは、通販で利用していたイマージュから届いた荷物の中に入っていたチラシ。
最初はトライアルセットからスタート。
化粧水が特によかったですねー。
とろみのあるテクスチャー。肌に吸い込まれて肌の奥底にうるおいが溜められているいるような感じ。
お肌がモチモチになりました!!
一時流行ってましたよねー。お米ブーム。米セラミドとか…
それで、化粧水、美容液、クリームとラインでだいたい2年使いました。
最初の使った感じがとってもよかったので、定期便で使っていました。
でも、使い続けるうちに肌が慣れちゃったというか…
初めて使ったときの感動を感じ続けられなくなっちゃって。。
化粧水は量が少なくてすぐに終わってしまうし…。
ずっと同じものを使い続けられない自分の性格もあって飽きてきちゃったのです。
どんどん新しい商品がでてくるし、試してみたくなっちゃったりして…
けっこう値段も高かったので、それがだんだん不満に感じられるようになってしまいました。

モデルさんの間で流行っているとか、メーキャップアーチストがこぞって使っているとか、
そんな宣伝の仕方で売り込んでいたと思うのですが、それも「?」って感じ。
パッケージも地味だし、あと口コミも評価がイマイチ。
結局私も定期便をやめてしまいました。

肌の保湿はセラミドがいいって本で読んだんです。
ライスフォースも、もちろんお米由来のセラミドが入っているみたいですが
セラミドの中でも、セラミド2とか3というのがいいらしいって本で読んで、
セラミドを集中的に補給できる小林製薬のヒフミドというシリーズに変えました。
ライスフォースよりもコスパはよかったんです。
ただし、パッケージはライスフォースより地味…。
ヒフミドを使い続けて満足なので、いまのところライスフォースに戻る予定はありません。
少し前まではいろんなメディアで見かけましたが、最近みかけませんよね?
でも、機会があればお試しでまたあの化粧水を手に取ってみたいです。




2013-11-04 18:20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライスフォースで肌の調子が良くなった

乾燥がとにかく酷くなりました。
以前から乾燥肌でしたが、何がきっかけなのかは分かりませんが、急に肌が乾燥しました。
思い当たるとすれば、30代に突入した…位です。
20代とこんなに違うのかと、非常に悩みました。
一気に肌の水分量が無くなった感じで、正直どうすればよいかわかりませんでした。
毎日、スキンケアはそれなりにしていたつもりでしたが、夜に保湿したのに朝になれば肌はカサカサになっていました。
どれだけしっかりケアしても、朝には乾燥しているのです。
この時に初めてエイジングケアを意識しました。
何を使えば良いか分からず雑誌を読んでいたら、ライスフォースのトライアルセットが掲載されていました。
初回だけは、非常に安い値段で試せるという事なので、合えば良いなと思い試しました。
トロトロとしたローションは、肌に乗せてからじわっと入っていく感じです。
パッティングするような化粧水では無く、手のひらでゆっくり抑えて肌に吸い込ませる様につけました。
エッセンスは、足りるかな?位の量でも伸びが良いので、顔全体に塗れました。
気になる鼻な周りは、念入りに塗りました。
クリームは、付けた瞬間はベタつきがありましたが、時間が経てばサラサラになりました。
この三つをしっかりつけて、朝起きるとびっくりしました。
全く乾燥していないのです。
それよりも、しっかり肌が潤っていました。
手で触っても、まだしっとりしているし、一回つけただけでこれは凄いなと思いました。
少し肌荒れしていた部分があったのですが、全く刺激を感じませんでした。
お米100%なので安心できるし、アレルギーがあるけれど大丈夫だったので、使い続けています。
ライスフォースを使ってからは、乾燥に悩む事が無くなりました。
肌の調子が良いので、ファンデーションが浮きません。
しっかり馴染んでくれるようになりました。
鏡を見てもあまり気づかなかったのですが、ライスフォースを使う前に撮った携帯の写真を見てびっくりしました。
明らかに肌の色が違うのです。
子供にも、色が綺麗になったと言われました。
非常に肌に合うのですが、以前使用していたものよりも、かなり高いので正直厳しいです。
しかし、他のものを使うのも怖いので使い続けています。

2013-11-03 18:26 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然派化粧水の凄さを教えてくれた

「ライスフォース」が登場したときのことは、よく覚えています。カーラジオで頻繁にCMが流れていました。その頃、ストレスニキビや、Tゾーンはべたつくのに頬は乾燥して粉をふいてしまうくらいバランスが悪く、いろいろな化粧水を試す化粧水ジプシーだったわたしは、「天然のお米成分」というようなキャッチフレーズだったと思いますが、非常に魅力的に感じ、使っていた化粧水がなくなると同時に買いに来ました。
当時はまださほど天然を前面に押したコスメはなかったように思います。むしろ「化粧水から下地までこれ一本で済むオールインワン」のような商品がにぎわっていたので、そういった商品が出ること自体がとてもセンセーショナルでした。

それまで買っていた化粧水はよくのびましたが、肌への浸透が悪い、表面だけコーティングして、肌の奥はカサカサなんだろうなというものでした。そこで買ってきたライスフォースを使ってみると、少量でもよくのびたあと、肌の奥にしっかり入っていくように感じました。ただ、わたしの使用量が適当じゃなかったのかもしれませんが、すっと入っていくのでいつまでたっても表面が潤っている感じが足りない、サラサラな仕上がり感だったように思います。結局乾燥肌が改善している実感がわかなくて、また価格的にも若かったわたしには厳しくて、1本で使用を辞めてしまいました。しかし天然の余計なものが入っていない化粧水とは、このようにすっと肌の奥に、何度も叩かずとも自然に入っていくものなのかとその時に目覚めたわたしは、一切化学的な添加物や香料、化粧水の役目以外の例えば「美白」などのものを入れられたものには手を出さず、「自然派」の化粧水だけのジプシーとなり、訪販やサロン形式の化粧品をいろいろ試し、今はストレスニキビもなく、オイリー肌も落ち着き冬でも頬は粉を吹かないくらいに乾燥を改善してくれる基礎化粧品に出会うことが出来ました。
ライスフォースにお世話になったのは1度でしたが、天然の良さを教えてくれたとても素敵な商品でした。
2013-11-01 09:13 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関連サイト

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ライスチラシ@ライスフォースお試し窓口はコチラ! All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。